【DbD】シェイプ(マイケル/ブギーマン)[キラー/殺人鬼]の性能と評価!おすすめパーク編成&立ち回り!【デッドバイデイライト】

七丘 雪乃

更新日:2019年7月5日 16:58

こちらはDbD(デッドバイデイライト/デドバイ)のキラー(殺人鬼)「シェイプ(マイケル/ブギーマン)」についての性能や、キャラ詳細、おすすめ立ち回り、パーク、アドオンについて掲載しています。シェイプ(マイケル)を使いたい方は参考にしてみてください。


シェイプ(マイケル/ブギーマン)の情報

キャラクター情報

距離を置いて生存者を凝視し「内なる邪悪」を溜めるストーカー殺人鬼。凝視すればするほど、より速く、より強くなる。

彼の固有パークの「最後のお楽しみ」や「弄ばれる獲物」、「消えゆく灯」で1人生存者を選んで「オブセッション」に対象者にし、対象者の状態次第で致命的な影響を及ぼす。

『Dead by Daylight』ゲームより引用


背景

世の中には、単純に悪の種として存在する人間がいる。純粋で曇りない、真の邪悪で満たされた種。マイケル・マイヤーズはまさにその1人だ。彼は他人を傷つけることに躊躇するどころか、それこそが彼の望むことだった。しかしこのような恐るべき精神の持ち主にとってさえ、人生は時に苦難を伴うことがある。ただし常人との違いは、問題の解決方法だ。
マイケルの場合、内なる平穏を得るために彼は人を殺す必要があった。彼が姉の命を奪った時、警察はピエロの格好をした大人しい少年を現場で見つけた。広がる炎を見つけた時にガソリンをかける者はいないにもかかわらず、警察は同じことをしてしまった。彼らは少年の身体の中に潜む悪魔がどのような姿を成すか想像できなかったのだ。マイケルを精神病院に送ったのは、彼を救うにはあまりに手ぬるい試みだった。セラピーは効果を成さず、夜な夜な響く叫び声は彼を更に内向的にし、狂気に陥れていった。人々はマイケル・マイヤーズが忘れ去られて封印され、失敗としてすぐに風化することを望んでいた。しかし…その後、彼は脱走してしまう。

『Dead by Daylight』ゲームより引用


特性

歩くスピード:4.6m/s
心音範囲:6m
背の高さ:背が高い

特殊能力

内なる邪悪

内なる闇が獲物の命を奪う意思を増大させる。内なる邪悪を発動するとシェイプが獲物をハッキリと視えるようになり、凝視することで更なる邪悪な力を蓄積する。内なる邪悪のティア3段階はそれぞれ有利な点が異なる。
内なる邪悪Ⅰ:脅威範囲(=心音範囲)がとてつもなく減少する(6m)。探知パーク(サバイバーのパーク「凍りつく背筋」など)を無効化する能力を得る。移動速度が少し低下する。突進攻撃の距離が少し減少する。
内なる邪悪Ⅱ:脅威範囲がそこそこ減少する(16m)。移動速度が少し上昇する。突進攻撃の距離が少し増加する。内なる邪悪Ⅲ:脅威範囲が通常となる(32m)。
攻撃された生存者が無防備効果(=一撃で瀕死状態になる)に苦しむ。
内なる邪悪Ⅲ(=レベル3)は60秒持続し、その後邪悪な力(=ゲージ)がかなり減少する。
ティア1の状態だと、かなり足が遅く、攻撃の射程距離もないため、チェイスはしづらいでしょう。そのかわり、ステイン(赤い光)もなく心音範囲も小さいため、隠密行動がしやすいという利点があります。その特徴をいかして、試合開始後はまずティア2にあげることを心がけましょう。サバイバーがいるからといって、むやみに斬りかかるよりも、まずはティア2にするほうが優先です。

シェイプ(マイケル/ブギーマン)の固有パーク一覧

パーク名効果


最後のお楽しみ

1人の生存者に執着する。
オブセッション以外の生存者に攻撃を命中させるたびにトークンを1個獲得する。1トークンにつき、攻撃成功後のクールダウンが5%ずつ減少する。トークンは最大8個まで獲得できる。
しかし、オブセッションを攻撃すると4/3/2個のトークンを失う。オブセッション対象者が処刑されるか死亡すると、それ以降トークンを獲得することはできない。
・オブセッション状態になるのは1まっちにつき1人まで。殺人鬼は一度に1人の生存者にしか取り付けない。

※1トークンごとに5%減少。最大、40%まで速くなる。

【レベル30以上でティーチャブルパクが出現】


弄ばれる獲物


1人の生存者に執着する。
オブセッション状態の生存者を追いかけて取り逃がすたびに、トークンを獲得する。最大トークン数は3。
トークンごとに、移動速度が3/4/5%ずつ上昇する。
「攻撃」の行動を取るたびに、トークンが消費される。
オブセッションは1マッチにつき1人のみ。殺人鬼は一度に1人の生存者にしか取り付けない。

【レベル35以上でティーチャブルパークが出現】


消えゆく灯

1人の生存者に執着する。

オブセッション状態の生存者は、協力して行う行動の速度が38/44/50%上昇する。
オブセッション状態の生存者が殺害されるか処刑されると、他の生存者は修理・治療・破壊の速度が19/22/25%減少する。
・オブセッションは1マッチにつき1人のみ。殺人犯が他の生存者にとりつかれた場合、ペナルティはなくなり、その生存者の利他的な行動速度は上がる。
・殺人鬼は一度に1人の生存者にしか取り付けない。

【レベル40以上でティーチャブルパークが出現】

シェイプ(マイケル/ブギーマン)のアドオン一覧

ウルトラレア

アドオン名効果
いい香りがする髪の毛の束

だれかの頭皮から強引に引きちぎられた金髪の毛の束。かすかに女性らしい花のような香りを放っている。
・内なる邪悪Ⅲの持続時間が無限となる
・内なる邪悪Ⅲになるまでに必要な邪悪さの量がとてつもなく増加する
・重複する

ジュディスの墓石

シンクレア山墓地にあった、大きくて重い御影石の墓石。ジュディス・マイヤーズのもの。
・内なる邪悪Ⅲのとき、無傷または負傷している生存者を殺傷できるようになる
・内なる邪悪Ⅲになると、凝視することができなくなる
・内なる邪悪Ⅲになるまでに必要な邪悪さの量がとてつもなく増加する
・移動速度がそこそこ低下する。


ベリーレア


アドオン名効果
傷ついた鏡

スタンドのついた持ち運べる化粧鏡。鋭い金属のようなもので激しい傷をつけられている
・うちなる邪悪Ⅰで凝視中、32メートル以内の生存者のオーラが視えるようになる
・内なる邪悪がティアⅠより上昇しなくなる
・攻撃スコアが発生するたびに、ブラッドポイントが残忍カテゴリに100%追加され、邪悪カテゴリに200%追加される

化粧鏡

誇りとフェイスパウダーに薄く覆われている以外は完璧な状態の、スタンドがついた持ち運べる化粧鏡。
・内なる邪悪Ⅱで凝視中、16メートル以内の生存者のオーラが視えるようになる
・内なる邪悪がティアⅡより上昇しなくなる
・移動速度が少し低下する
・攻撃スコアが発生するたびに、ブラッドポイントが残忍カテゴリに100%追加され、邪悪カテゴリに150%追加される

墓石の欠片

壊れた墓石から取られた、こぶし大の御影石の欠片。
・内なる邪悪Ⅲのとき、無傷または負傷している生存者を殺傷できるようになる
・内なる邪悪Ⅲにおいて、凝視することができなくなる
・生存者を殺害すると、内なる邪悪の残量がかなり減少する
・内なる邪悪Ⅲ到達までに必要な邪悪さの量がかなり増加する
・重複する

髪の毛の房

黒いゴムで結われた、金色の毛髪の一房。
内なる邪悪Ⅲの持続時間がとてつもなく増加する
・内なる邪悪Ⅲになるまでに必要な邪悪さの量がそこそこ増加する
・重複する


レア

アドオン名効果
J・マイヤーズの思い出

1965年の卒業アルバムからはぎ取られた光沢紙のページ。ジュティス・マイヤーズの思い出が飾られた1ページだ。
・生存者を凝視しているとき、邪悪さが蓄積する割合がそこそこ増加する
・重複する

ジュエリーボックス

何の変哲もない木箱。昔はたくさんのものをしまっていたようだ。
・凝視しているときの移動速度がかなり上昇する
・重複する

ジュディスの日記

ジュディス・M・マイヤーズの持ち物であることが記された日記。大部分のページが気持ち悪く乱雑に落書きされていて、読めない。
・1人の生存者に執着する
・オブセッション状態の生存者を凝視しているとき、邪悪さが蓄積する割合がかなり増加する
・オブセッションは1マッチにつき1人のみ
・重複する

リボンの髪留め

髪の毛を留めるのに使う、タータン柄の青いリボン。
・内なる邪悪Ⅲの持続時間がかなり増加する
・内なる邪悪Ⅲになるまでに必要な邪悪さの量が少し増加する
・重複する

鏡のかけら

割れた鏡の鋭く大きなかけら。
・内なる邪悪Ⅱのとき、1秒以上凝視した生存者のオーラが視えるようになる5秒間オーラが表示され続ける
・重複する


アンコモン

アドオン名効果
ウサギの死体

首から尻尾まで引き裂かれた灰色のウサギ。
・内なる邪悪Ⅱの脅威範囲がそこそこ減少する
・内なる邪悪Ⅲの脅威範囲がそこそこ増加する

ガラスの破片

小さな色付きガラスの欠片で、おそらく壊れた何かの一部。出所を確かめることはできないだろう。
・内なる邪悪Ⅰのとき、1秒以上凝視した生存者のオーラが視えるようになる
・2秒間オーラが表示され続ける

キラキラする破片

非常によく反射する物質の小さなかけら。壊れた鏡から取られたもの。
・内なる邪悪Ⅱのとき、1秒以上凝視した生存者のオーラが視えるようになる
・2秒間オーラが表示され続ける
・重複する。

ジュエリー

ビーズと廉価な金属で作られている、大きなネックレス。ジュディスのお気に入りのひとつ。
・凝視しているときの移動速度がそこそこ上昇する
・重複する

ヘアブラシ

ナイロン毛のブラシ。髪にハリとやわらかさを出してくれる
・内なる邪悪Ⅲの持続時間がそこそこ増加する・内なる邪悪Ⅲになるまでに必要な邪悪さの量が少し増加する
・重複する

思い出の花
一部がしおれてしまっている、ピンク色の乾いた飛燕草。墓石のそばから摘んできたようだ。
・生存者を凝視しているとき、邪悪さの蓄積する割合が少し増加する
・重複する

コモン

アドオン名

効果
ボーイフレンドのメモ

少し安っぽいかもしれない「ロマンチック」な言葉が書かれたメモ。ガールフレンドの注意を引くために書かれたもの。
・内なる邪悪Ⅰの溜め攻撃の射程距離が少し増加する

安っぽいイヤリング

とても安っぽいプラスチック製のアクセサリー。貴金属に見せるために色が塗られている。
・凝視している間の移動速度が少し上昇する
・重複する

金色の髪の毛

少しウェーブがかっている、金色の髪の毛。
・内なる邪悪Ⅲの効果時間が少し増加する
・内なる邪悪Ⅲになるまでの邪悪さの量が少し増加する
・重複する

シェイプ(マイケル/ブギーマン)の立ち回り

アドオンによってかなり立ち回りが異なりますが、アドオンなしを基本として考えるならば、サバイバーの死角から凝視し、いち早くゲージをためてティア3になって一撃で瀕死状態にし、チェイス時間を短縮しつつ、吊るし回数を増やしていくというのが基本です。
ただし、ティア1,2の時間があるので、かなりスロースターターになるのはやむを得ません。序盤はとにかく脅威範囲が狭いのをいかしてゲージをため、ティア3になることに集中しましょう。1人吊るすことができれば、救助に来るサバイバーもいますし、近くに潜んでゲージをためることも可能です。一撃ダウンが取れるため、チェイス時間を短縮できることがシェイプ(マイケル)の最大の強みです。それをいかすための立ち回りを意識しましょう。また、最初のティア1のときは攻撃が伸びないため、ティア1でサバイバーからダウンを取るというのは考えるべきではありません。基本的にはティア2、もしくはティア3で立ち回るというのを意識しましょう。
アドオンの種類では、以下の通りに分けられます。

「いい香りがする髪の毛の束」でティア3無限

このアドオンを使用すると、ティア3になるまでにかなり時間がかかりますが、ティア3の状態を無限に維持できるようになります。この場合、パーク「観察&虐待」などをつけて近づき、できるかぎり近くから凝視したり、ティア3で瀕死状態にする立ち回りが必要になります。ティア3のときは通常のキラーと同じ脅威範囲を持つため、「観察&虐待」で近づき、チェイスの時間を減らしましょう。また、行動遅延系パークはフックへの吊り回数を増やせるため「イタチが飛び出した」の相性が良いでしょう。フックに吊るして遅延させる、というパターンを繰り返すことができればかなりサバイバーの行動を遅延させることができます。ただし、現環境ではそれをアドオンなしでできるキラー「ゴーストフェイス」の人気が高いため、サバイバー側も「凍りつく背筋」をつけるなど対策をとってきています。できるかぎり、サバイバーのいそうなところは死角から向かう工夫が必要です。
ただし、ほかのアドオンでゲージのため量を増やすなどの工夫をしないと、ティア3になるまでに時間がかかりすぎてしまい、ゲート通電までにティア3になることができませんので、最初から攻撃はしない、アドオンでため量を増す、という工夫が必要です。

「ジュディスの墓石」でティア3と同時に殺害

上と同様、ティア3になるまでのゲージため量はかなりかかりますが、ティア3になるとサバイバーを1人殺害することができます。吊り回数関係なく殺害できるため、パーク「消えゆく灯」との相性が良いでしょう。オブセッション対象者を早めに殺害し、全体に遅延をかけることができれば、試合展開を有利に進めることができます。
この場合も同様に、ほかのアドオンでゲージのたまる遅さを補うなどの工夫が必要です。

「傷ついた鏡」でティア1継続&32メートル以内のサバイバーのオーラ透視

こちらはいくら凝視してもティア1から上昇することはありません。ただし、凝視のキーを押している間、周囲32メートルにいるサバイバーの姿を透視することができます。
これはほかのアドオンよりもマップとの相性がより大切になってきます。とにかくサバイバーの不意をつくのが重要ですので、マップの影に隠れて近寄り、一撃くらわせるという動きをしましょう。また、1人吊るせたらその近くで救助狩りをするというのも良い方法です。
先述したとおりティア1の場合は、攻撃が伸びないためより接近してから攻撃をしないと当たりません。その点に留意し、きちんと攻撃の射程距離を見極めてから攻撃するようにしましょう。

つけるアドオンを正確に理解し、それによって立ち回りを変える

先述したように、アドオンによってかなり立ち回りが変わってくるため、自分がどのアドオンを使用するのか、それによってどういう立ち回りをしなくてはならないのかをしっかりと理解した状態でアドオンを使用するようにしましょう。それによって、パーク構成もやや変わってきます。アドオンの効果をはっきり理解した上で使えば、かなりの威力を発揮しますし、一人のキラーでいくつもの立ち回りができるので楽しいはずです。まずは、それぞれのアドオンの効果を正確に理解しましょう。

サバイバーに見られない位置取りを探す

シェイプは、いかにサバイバーを凝視して、内なる邪悪のゲージをためられるかが勝負です。発電機に近づいたら、音でサバイバーがいるかどうかを判断し、いるようだったらできるかぎりサバイバーに気付かれないように凝視して、ゲージをためましょう。また、ティア1の状態でチェイスをするのは得策ではありません。とにかくまずはティア2にあげて、ここぞという場面でティア3になりましょう。

ゲージは寸止めが基本

ゲージは、ティア2の状態で、一瞬サバイバーを凝視すればすぐにティア3になれる、というところまで上げておきましょう。サバイバーを追い詰めたところで凝視し、ゲージを上げればすぐにダウンを取ることができ、1回のティア3状態で複数人のサバイバーを瀕死状態にできることもあります。凝視中はサバイバーとゲージをしっかり交互に見ながら、ゲージを上げるようにしましょう。
また、たまに凝視で索敵する人がいますが、ティア3が目前だというときに凝視で索敵すると予期せぬタイミングでティア3になってしまうことがありますので要注意です。


シェイプ(マイケル/ブギーマン)おすすめのパーク編成

シェイプ(マイケル)は、つけるアドオンや、コンセプト次第でかなりパーク編成も変わります。大きく分けて以下の3通りを組み合わせて使いましょう。アドオンによる戦術の変化には、その他パークなどで対応します。
  • 行動遅延系パーク
  • チェイス強化系パーク
  • 索敵系パーク
  • その他パーク

行動遅延系パーク

パーク名効果


呪術:破滅(通称:ルイン)

この呪いは生存者の発電機修理スキルに影響を与える。全ての生存者が破滅の呪いにかかり、次の効果を受ける。

・スキルチェック成功:グッド発生時、発電機の修理5%減少する。
・スキルチェック成功:グレート発生時、発電機の修理進行ボーナスが0%になる。

呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っている限り持続する。


イタチが飛び出した

彼らの勇気は、避けられない死に直面して消えていく。すべての生存者は負傷/瀕死/吊るされている生存者の数に応じて、アクション速度に4%から最大16%のペナルティを受ける。

※一人あたりLv1/2/3=3/3.5/4%の遅延となり、最大4人がペナルティを受けるとLv1/2/3=12/14/16%となる。

消えゆく灯

1人の生存者に執着する。

オブセッション状態の生存者は、協力して行う行動の速度が38/44/50%上昇する。
オブセッション状態の生存者が殺害されるか処刑されると、他の生存者は修理・治療・破壊の速度が19/22/25%減少する。
・オブセッションは1マッチにつき1人のみ。殺人犯が他の生存者にとりつかれた場合、ペナルティはなくなり、その生存者の利他的な行動速度は上がる。
・殺人鬼は一度に1人の生存者にしか取り付けない。

シェイプの場合、最初にサバイバーを凝視して内なる邪悪のゲージをためなくてはならないため、かなり序盤に発電機の修理が進んでしまいがちです。少しでも遅延できるように、このパークをつけているシェイプが多いでしょう。
また、ティア3になってしまえばチェイス時間も短縮でき、吊り回数を増やせるため、遅延系パークとしては「イタチが飛び出した」がおすすめです。
また、シェイプ(マイケル)ならではですが、アドオン「ジュディスの墓石」+「消えゆく灯」をつけて、最初にオブセッション対象のサバイバーを殺害してしまう、という動きもできます。その場合、最大25%の遅延ができるため、かなり強力ですが、ティア3になるために時間がかかるため、ほかにも遅延系パークを積んでいくとよいでしょう。

チェイス強化系パーク

パーク名効果

野蛮な力
あなたのすさまじい力は獲物たちを守る壁を粉々に砕く。倒されたパレットと発電機を破壊する速度が10/15/20%上昇する。

まやかし

障害物を乗り越える速度が5/10/15%上昇する。乗り越えを行うと、エンティティがその場所を8/12/16秒間封鎖する。同時に封鎖できる場所は1ヶ所のみ。封鎖は生存者のみ有効。パレットには効果が適用されない。

※封鎖される窓は新しく乗り越えたもののみ。別の窓を乗り越えた後はその窓が封鎖され、それより前に乗り越えた窓は封鎖が解除される。

徒歩系のキラーはいかにチェイスにかかる時間を短縮できるかが鍵となります。パーク「野蛮な力」は、サバイバーが倒したパレットをすばやく破壊し、すぐにチェイスに戻れるので破壊中にサバイバーを見失う可能性が下がり、強ポジにサバイバーが逃げこむ前に一撃入れられる可能性を高めることができます。
また、まやかしはマップ上に生成された窓枠を封鎖することができるので、窓枠を使ったチェイスにかかる時間を短縮することができます。室外マップに生成される小屋は窓枠が1つなので、そこを封じておけばサバイバーの動きも限られてきますし、2つの窓を使ってチェイスされる通称ジャングルジムと言われるポジションでも、片方の窓を封鎖して早めに距離を縮めることができるので、徒歩系キラーにとってはかなりの強パークといえるでしょう。また、シェイプ(マイケル)の場合は、ティア3だと移動速度も速くなるため、かなりチェイス時間を短縮できます。

索敵系パーク

パーク名効果

バーベキュー&チリ

エンティティとの深い繋がりが潜在的なオーラ可視能力を強化する。生存者をフックに吊るした後4秒間、フックから40メートル以上離れた全ての生存者のオーラを視ることができる

・生存者が初めてフックに吊るされるたび、すべての獲得ブラッドポイントが25%増加する。最大で100%まで。この効果は重複する。
・追加取得したブラッドポイントはマッチ終了後に付与される

※獲得ブラッドポイントの最大値は、Lv1/2/3=50%/75%/100%となる


囁き(通称:ウィスパー)
あなたはエンティティの言葉が少し理解できる。生存者から32メートル以内にいると、時々エンティティの囁きが聞こえるようになる。

影の密偵

この世界のカラスはあなたと直接コミュニケーションが取れる。20/28/36メートル以内にいるカラスが鳴くと、100%の確率で、眼で見て分かるサインを送ってくる。
影の密偵には5秒間のクールダウンがある。
バーベキュー&チリは、アップデートでロッカーに目眩ましの効果が付与されて以降、実質弱体化されましたが、未だにつけているキラーが多いのではないでしょうか。索敵の効果の他にも、ブラッドポイントを多く取得でき、育成が捗るというのも1つのメリットです。運が良ければ、バベチリ対策を怠ってロッカーに入らなかったり、もしくは40メートル以内に入らなかったサバイバーの姿を視ることもできます
パーク「囁き」に関しては、サバイバーがいる場所を特定し死角から忍び寄るためにつけていく人も居ます。パーク「囁き」があれば、予めどこの発電機にサバイバーがいるのかアテをつけて死角に入れるため、かなり有効なパークになり得ます。もちろん、サバイバーの数が減ってくれば索敵として使用できます。    
また、シェイプ(マイケル)はティア1,2の間、ほかのキラーよりも脅威範囲が狭いため、それをいかして「影の密偵」をつけるという手もあります。ただし、マップによってカラスの数が多い、少ないということもあるため、かなり使い勝手が左右されてしまうパークでもあります。

その他パーク

パーク名効果

呪術:誰も死から逃れられない(通称:ノーワン、ノーワンエスケイプデス)

脱出ゲート稼働後にマップ上に無力なトーテムが残っている場合、トーテムに呪いが適用される。呪いの発動中、

・生存者には無防備の状態異常が発生する
・自分の移動速度が4%上昇し、発生源のトーテムが立っている限り、呪いの効果が持続する


観察&虐待
接近に慎重さを、診察に恐怖を。
生存者を追いかけているとき、脅威範囲が8メートル増加する。生存者を追いかけていない場合、脅威範囲が8メートル減少し、視界が3/5/10度拡大される。視界増加は重複しない。 
シェイプ(マイケル)は、スロースターターのため、ゲート開放までに全滅できない可能性があります。その場合に備えて、保険の1つとして「呪術:誰も死から逃れられない」を使用するのもよいでしょう。

おすすめパーク編成

バランス型パーク編成
行動遅延系パーク
チェイス強化系パーク
索敵系パーク
その他パーク


呪術:破滅


まやかし


囁き

観察&虐待


「呪術:破滅」で発電機の遅延をしつつ、「囁き」で索敵、「観察&虐待」で脅威範囲を狭めてティア3の性能をいかし、「まやかし」でできるかぎりチェイス時間を短縮するという、標準的でバランスの取れた編成といえるでしょう。

ハグ、トラッパー、ドクターの育成が終わっている必要がありますが、ハグは必須級の「呪術:破滅」を取るために育成必須ですし、「野蛮な力」も徒歩系キラーにとってはかなり有用なパークです。「観察&虐待」はシェイプ(マイケル)にとってはほとんど必須といっても過言ではないパークのため、できるかぎり育成を進めるようにしましょう。

バランス型パーク編成2
行動遅延系パーク
チェイス強化系パーク
その他パーク
その他パーク


呪術:破滅


まやかし


観察&虐待


呪術:誰も死から逃れられない

シェイプ(マイケル)の場合、パレットごしに凝視ゲージをためることもでき、窓枠超えのスピードも速いので、「野蛮な力」よりも「まやかし」をチェイス強化系パークとして入れることをおすすめします。

■「消えゆく灯」編成
行動遅延系パーク
チェイス強化系パーク
その他パーク
その他パーク

消えゆく灯


まやかし


観察&虐待


呪術:誰も死から逃れられない

パーク「消えゆく灯」を行動遅延系パークとして選択肢、アドオンで「ジュディスの墓石」を持っていくというつもりの編成です。ティア3になって1人オブセッション対象者を殺害すると、それ以降ティア3になるのは難しく、全体に遅延をかけつつサバイバー3人を追い詰める、という構成のため、最後に保険として「呪術:誰も死から逃れられない」を入れています。
■マップ指定(レリー)編成
行動遅延系パーク 
チェイス強化系パーク 
索敵系パークその他パーク 

呪術:破滅


野蛮な力

影の密偵

 

観察&虐待

マップ「レリー記念研究所」を指定し、ティア1で透視するアドオン「傷ついた鏡」を持ち込む場合の編成です。「囁き」だと地形が複雑な「レリー記念研究所」では力を発揮しづらく、カラスの多いマップであることをいかして索敵系パークに「影の密偵」を入れています。
窓枠が多すぎるため、「まやかし」も使いづらいかもしれませんので、「野蛮な力」を選びました。もちろん「まやかし」でも可能です。

シェイプ(マイケル/ブギーマン)おすすめのアドオン

おすすめのアドオンの組み合わせを紹介します。
先述したとおり、シェイプはアドオンによって戦略や立ち回りのかなり異なるキラーですので、色々と試してみるとよいでしょう。

「いい香りがする髪の毛の束」+「J・マイヤーズの思い出」

ティア3の状態を永続にし、後半でサバイバーを一撃で瀕死状態にできるようにします。そのため、試合前半ではとにかくサバイバーを凝視し早めにゲージをためる必要があります。いかにゲージを早く溜め、ティア3になれるかが勝負です。普通よりもかなりゲージを溜めるのが遅くなってしまうので、もう1つのアドオンでゲージを溜めやすくするアドオン「J・マイヤーズの思い出」をつけて、補うとよいでしょう。

「ジュディスの墓石」「J・マイヤーズの思い出」

これはティア3状態になると、誰でもその場で殺害できてしまうアドオンです。たくさん凝視しなくてはならないものの、一度フックに吊ったサバイバーを殺害するメメント・モリよりも手っ取り早く一人減らすことができます。こちらも、凝視の蓄積量を増やすアドオンで欠点を補いましょう

「傷ついた鏡」+パーク「観察&虐待」

ティア1から上がらないかわりに、凝視中、32メートル以内の生存者のオーラが視えるようになるアドオンです。
ティア1から上がることがなく(性能自体はかなり低い)、凝視中に近くにいる生存者を透視できるので、奇襲攻撃メインで立ち回る必要があります。この場合は、チェイスをするという想定ではないため、ティア1+「観察&虐待」の効果で心音範囲を0mにし、死角を使って奇襲しましょう。かなり難しい立ち回りにはなりますが、ハマるとすごく気持ちよくプレイできます。

ウサギの死体+パーク「観察&虐待」

アドオンの効果で、内なる邪悪Ⅱの脅威範囲がそこそこ減少(-4m)し、内なる邪悪Ⅲの脅威範囲がそこそこ増加(+8m)するため、観察&虐待とあわせてティア2の非チェイス時は脅威範囲が非常に狭くなり、そのかわりティア3状態は32m+8m(アドオン)+8m(パーク)=最大48mとなり、シェイプがティア3の状態だとサバイバーは一撃で瀕死になる上に心音がかなりの範囲でするので動きづらく、発電機の修理もしづらくなります。これを利用して遅延させ、ティア3の状態でいっきにサバイバーを仕留める、という動きができるでしょう。


初心者がシェイプ(マイケル/ブギーマン)を使う際に気をつけるべきポイント

マップによっては目視できていても、凝視できないこともある

マップによっては障害物のせいで、目視でサバイバーが見えていても、凝視でゲージをためることができない、ということもあります。特にコールドウィンド・ファームのトウモロコシのような植物が生えているマップは、目でサバイバーが見えていても、凝視できないということが大いにあります。できるかぎりサバイバーをマップの端に追い詰め、障害物のないところで凝視するようにしましょう。
また、もしオファリングを使えるのであれば、マップを指定するのも有効です。とくに死角の多いレリー記念病院などは、シェイプの性能をいかしやすいマップです。アドオン「傷ついた鏡」ともかなり相性がいいため、マップ指定でアドオンを使用してみるのもよいでしょう。

ティア3の状態でのチェイスを長引かせないこと

ティア3の状態はデフォルトで60秒間です。かなり短い時間ですので、一人は確実に倒し、チェイスが長引くようであれば近くにいるサバイバーを攻撃しに行くほうがよいでしょう。ティア3状態では、どんどんサバイバーを攻撃するようにしましょう。もし近くにサバイバーがいるなら、吊るすよりも追いかけることを優先すべきです。吊り回数を稼ぐことも重要ですが、一人這いずり状態になれば、他のサバイバーは発電機を修理する手を止めて、起こしに行かなくてはなりません。しかも、ティア3の状態では自分も追われる可能性があるため、かなり動きづらく、遅延になります。


まとめ

シェイプ(マイケル/ブギーマン)は見た目やキャラクター的に人気のあるキラーの1人です。キラー「ゴーストフェイス」と能力がやや重複し気味で、ゴーストフェイスのほうが簡単に使えるため、以前はシェイプ(マイケル/ブギーマン)を使っていたという人も、ゴーストフェイスに流れている感じはありますが、アドオン次第でかなり遊び方が変えられる珍しいキラーです。他のキラーとは立ち回りも変わってきますので、他のキラーではできないことがしてみたいという人は是非使ってみると良いでしょう。

シェイプ(マイケル)の紹介動画はこちら

関連記事

 

キラー(殺人鬼)一覧 

スキルチェックのコツ運の上げ方
キラーの心音範囲まとめ使用キラーの特定方法まとめ
状態異常まとめ各キャラの移動速度まとめ
七丘 雪乃

ゲームライター

バイオハザードシリーズが大好物。そのほかDead by Daylight、Overwatch、Apex、などもプレイ。新しいゲームしたい。戦いたい。PS4勢。女性向け恋愛ゲームやファンタジー・歴史系・育成系のゲームシナリオも書く。

Twitter

(C)2015-2018 Behaviour Interactive Inc.

当サイトはDead by Daylightの攻略情報をまとめた非公式サイトです。当サイトで使用しているゲーム画像および映像の著作権、商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。

ゲシピ道場

募集カードを作って 「【DbD】シェイプ(マイケル/ブギーマン)[キラー/殺人鬼]の性能と評価!おすすめパーク編成&立ち回り!【デッドバイデイライト】」 を一緒に練習する仲間をみつけよう!

Loading...
募集カード

コメント

コメントはありません。

人気記事ランキング

更新日:2019年8月24日

Youtube

eスポーツタイトルを中心に、学習動画が毎日配信されるサービス「ゲシピ」の公式チャンネルです。

Twitter(ツイッター)

Twitterなら、ゲシピくんからおすすめの学習記事が届きます。今すぐフォローしよう!

アプリダウンロード

『ゲシピ-eスポーツ学習-』は、eスポーツプレイヤーを目指す人のための学習アプリ。話題のeスポーツゲームのプロの動画やノウハウ記事が満載!このアプリで将来のeスポーツ選手を目指そう!