【DbD】カニバル(レザーフェイス)[キラー/殺人鬼]の性能と評価!おすすめパーク編成&立ち回り!【デッドバイデイライト】

七丘 雪乃

更新日:2019年7月16日 15:09

こちらはDbD(デッドバイデイライト/デドバイ)のキラー(殺人鬼)「カニバル(レザーフェイス)」についての性能や、キャラ詳細、おすすめ立ち回り、パーク、アドオンについて掲載しています。カニバル(レザーフェイス)を使いたい方は参考にしてみてください。

 

カニバル(レザーフェイス)の情報

キャラクター情報

命取りになりかねない熱狂を引き起こし、通り道にある全てのものをなぎ払う「ババのチェーンソー」を携えた殺人鬼。
彼の固有パークの「ノックアウト」や「バーベキュ&チリ」、「フランクリンの悲劇」で生存者の道具や能力を奪い、より容易に生存者を見つける。

『Dead by Daylight』ゲームより引用


背景

殺人鬼の邪悪な行いは、病的な精神の衝動によるものなのか。あるいは外的な圧力により追いつめられるが故なのか。これは長い間議論され続けているが、ある1人の殺人鬼は、本性と外因が密やかに結びついている。
レザーフェイスが他社を殺めるのは自身のエゴの強制でも、性的欲求を満たすためでも、頭に響く声を鎮めるためでもない。彼が殺すのは、恐れているからだ。誰かに傷つけられることを、家族に失望されることを、そして人肉を食するという共通の秘密が露見することを恐れているからだ。
彼は言われたことは何でもやり、家族が自分を好きでいてくれる。それが全てなのだ。よそ者は脅威であり、脅威は排除されなければならないのだ。
例えば、家に上がり込んできたあの招かざれる少年たちのように。まるで我が家のように上がり込んできた少年たちは家の中を探し回り、家族の秘密を暴こうとした。間違いなく。しかしレザーフェイスは彼らを始末し、家族を守った。皆から教わったように。
彼はただ家族を守るだけでなく、沢山の仕事があり、それにはそれぞれの「顔」がある。夕食を用意し、家族の面倒を見て、食事には正装で現れる。かつては祖父母が家族全員の世話をしてくれたが、祖父は歳を取り、祖母は動かなくなってしまった。そのため、レザーフェイスと彼の兄たちがその役目を引き継ぐしかなかった。彼にとって家族は全てだ。彼にとって家族とは「安全」であり、「安心」なのだ。
しかし彼が最良を尽くしても、少年たちの1人が逃げ出してしまった。レザーフェイスは少女を止めようと懸命に追いかけたが、助けに入った他のよそ者――邪悪なトラック運転手により彼の兄は轢き殺されてしまった。まるで小動物のように。激怒した彼はチェーンソーを復讐に燃やして運転手に飛びかかったが、彼は素早く、逆に殴り倒されて自らの刃を受けてしまう。
よそ者たちが走り去るのを見たレザーフェイスは怒り、悲しみ、苦痛、そして彼の家族に降りかかるであろう事態への不安に襲われた。彼らは当然警察を連れて戻るだろう。そして警察は兄たちや祖父を奪っていくだろう。彼ら無くしてレザーフェイスに何ができるというのか?彼らの命令がないと、彼は野垂れ死にするだろう。
崩れ行く彼の世界で、彼は回り、チェーンソーを振った。彼を覆う無数の外敵を退けるために。
その時である。レザーフェイスを異なる感情が襲った。それは冷たい戦慄と共に、視界の外から彼の皮膚を這い登ってきた。その時彼は理解した。よそ者が何をしようとも、更に大きい、更に悪しき存在が闇の中に存在することを。彼はかつてない恐怖に包まれたが、それは同時に、彼が家族に抱いていた恐怖と同じ、安らぎに近いものだった。「失望させてしまう恐怖」である。
そして彼は、見たことがない場所にいた。しかしそこはどこか親近感があり、自分が何をしなくてはならないかを本能的に理解した。もう、家族を守りきれなかったような失敗は許されない。ここにもよそ者がやってくるだろうが、どのような脅威も排除する。叫び声が響いても、また静寂を取り戻すことができるだろう。この世界に残るのが、尊きチェーンソーの音だけになるまで。
さぁ、よそ者を迎えよう。
『Dead by Daylight』ゲームより引用 

特性

歩くスピード:4.6m/s
心音範囲:32m
背の高さ:背が高い

特殊能力

 

ババのチェーンソー 

数えきれない数の犠牲者を切り刻んできた恐ろしく強力で重量があるチェーンソー。カニバルに贈られた最高の誕生日プレゼント。
・発動すると、一定時間なぎ払い攻撃を開始する。
・1回で複数の対象に攻撃を当てることが可能。
・障害物にぶつかるとカニバルは癇癪を起こし、周囲に無差別にダメージを与える。
・攻撃が命中すると、生存者は瀕死状態となる。
チェーンソーで切ることができれば、サバイバーは一撃で瀕死状態になります。一方、障害物に当たるとかなりスタン時間も長く、またサバイバーを切った後も、チェーンソーで結構長く暴れまわります。ヒルビリーは一回のチェーンソーで一人しか切れないのに対し、カニバル(レザーフェイス)のチェーンソーは複数人切れます。ヒルビリーとカニバル(レザーフェイス)の大きな違いは、チェーンソーダッシュが使えるか否かと、一度にチェーンソーで切れる人数でしょう。
アドオンなどでチャージ時間を短縮したり、チェーンソー使用中の移動速度を上げたりすると、チェーンソー使用がかなり簡単になるのではないでしょうか。また、キャンプ行為もしやすく、地下に一人吊ることができればサバイバー側も怖がって救助に来づらいでしょう。それをいかしたパーク構成(パーク「狡猾」装備など)もできます。

カニバル(レザーフェイス)の固有パーク一覧

パーク名効果

 

ノックアウト

攻撃された生存者はトラウマを受け、仲間の救助を得られにくくなる。

瀕死状態の生存者のオーラを32/24/16メートル以上離れているほかの生存者が探知できなくなる。

【レベル30以上でティーチャブルパークが出現】

 

バーベキュー&チリ

エンティティとの深い繋がりが潜在的なオーラ可視能力を強化する。

生存者をフックに吊るした後4秒間、フックから40メートル以上離れた全ての生存者のオーラを視ることができる。

・生存者が初めてフックに吊るされるたび、すべての獲得ブラッドポイントが25%増加する。最大で100%まで。この効果は重複する。
・追加取得したブラッドポイントはマッチ終了後に付与される

※獲得ブラッドポイントの最大値は、Lv1/2/3=50%/75%/100%となる 

【レベル35以上でティーチャブルパークが出現】

 

フランクリンの悲劇

あなたの邪悪な攻撃を受けた生存者は衝撃でアイテムを落とす。

落ちたアイテムは基本チャージ量の0/5/10%を失う。

【レベル40以上でティーチャブルパークが出現】

カニバル(レザーフェイス)は、「バーベキュー&チリ」という強い固有パークを持っており、育成順位はハグと同列1位と言っても過言ではありません。ロッカーに入るとオーラが見えなくなるという弱体化が入ったものの、それでもBP増加でキラーを育成したい人にとっては非常にありがたいパークであることに変わりはありません。これをつけてプレイするのとしないのではかなり育成スピードも変わってくるので、まずはこれを取得してからキラー練習をしましょう。
「ノックアウト」や「フランクリンの悲劇」も、コンセプトをもとに編成するなら十分使えるパークです。ただし、「フランクリンの悲劇」は入れる枠がないこともあり、熟練したキラーでしか入れられないこともあります。


カニバル(レザーフェイス)のアドオン一覧

ベリーレア

アドオン名効果
汚れたチェーンソー

汚らわしい何かが付着したチェーンは、触れた者を誰でも衰弱させる。
・チェーンソーで負傷した生存者の修理速度が120秒間そこそこ低下する
・命中した対象が120秒間重傷効果によりかなり苦しむ
・重複する

絶品のチリ

極上な肉のおかげで有名となった、特盛のスパイシーチリ。
・チェーンソー使用時の加速度がとてつもなく上昇する
・チェーンソーで障害物に衝突したときのペナルティがかなり増加する


レア

アドオン名効果
キャブレター調整ガイド

チェーンソーのキャブレターの調整方法について乱暴に描かれた説明書。
・チェーンソーのチャージ時間がそこそこ減少する
・チェーンソーのクールダウンが少し減少する
・障害物に衝突したときの反動が少し減少する
・チェーンソーの音が少し減少する
・重複する

グリース

ソーヤー一家が混合した粘度が高い基盤だ油性物質。多目的用の潤滑剤として彼らの住居の周りで使用されている。
・チェーンソーのクールダウンがかなり減少する
・チェーンソーのチャージ時間が少し減少する
・重複する

闇獣の刻印

霧の中に生きる闇の闇獣により罰として刻まれた、チェーンソーのボディを覆うギザギザのマーク。暴力的なしつけの記憶が、所有者を失敗に対する恐怖で満たす。
・チェーンソー使用時の移動速度がそこそこ上昇する
・チャージ時間が少し増加する 

軽量シャーシ

軽く、耐久力があるチェーンソーのシャーシ。チェーンソーを扱いやすくする。
・障害物に衝突したときの反動がかなり減少する
・重複する

錆びた鎖 
汚れて映りやすい錆がついたチェーンにより、負傷を治療しづらくする。
・命中した生存者が120秒間重傷効果によりかなり苦しむ
・重複する 

アンコモン

アドオン名効果
スピードリミッター

小型エンジンが処理できる量の燃料だけを送り込むようにする制御装置。スピードを安定させ、安全にする。
・チェーンソーが対象を瀕死状態にさせなくなる
・チェーンソー命中によって得られるブラッドポイントが25%増加する 

チリ

生気と活力を与えてくれる、大盛りのボウルに入った温かいチリ。
・チェーンソー使用時の加速度がそこそこ上昇する

デプスゲージ

デプスゲージの角度を深くするための道具。チェーンが「木」にさらに食い込むようになる。
・チェーンソーで障害物に衝突したときのペナルティがそこそこ減少する
・重複する

プライマー・バルブ

点火システムに多くのガスを送り込むことにより、素早くパワフルに指導できるようにする。
・チェーンソーのチャージ時間がそこそこ減少する
・重複する 

市販の潤滑剤

チェーンソー用に特殊な配合がなされた油。特別な添加剤で落ちにくくしてある。
・チェーンソーのクールダウンがそこそこ減少する
・重複する

残虐なチェーン 
非常に頑丈な刃が取り付けられたチェーン。犠牲者は治療を受けても傷が残る。
・チェーンソーで攻撃された生存者の発電機の修理速度が90秒間そこそこ減少する
・重複しない 
自家製マフラー 
黒いガスパイプで作られた、その場しのぎの排気装置。
・チェーンソーの音がそこそこ減少する
・重複する 
長いガイドバー 
長いチェーンに対応した、鉄製の頑丈なバー。
・チェーンソー攻撃の射程が少し増加する 

コモン

アドオン名

効果
チェーンソー用ヤスリ

チェーンソーの刃を研ぐためのヤスリ。
・チェーンソーから出る音が少し減少する
・重複する 

植物油

悪臭がする油。低湿な潤滑油として使われている。
・チェーンソーのクールダウンが少し減少する
・重複する 

点火プラグ

チェーンソーに適した綺麗な点火プラグ。
・チェーンソーのチャージ時間が少し減少する
・重複する 

カニバル(レザーフェイス)の立ち回り

チェーンソー使用でチェイスを短縮&吊り回数を増やす

カニバル(レザーフェイス)の強みはなんといっても一撃で瀕死状態に出来るチェーンソーです。基本的には、チェーンソーで攻撃し一撃で瀕死にして、チェイスを短縮できるように動くのが良いでしょう。ただし、チャージ時間もありますし、オブジェクトの多いところだと引っかかることを気にしてしまうので、どこで使うべきなのか、いつ頃チャージし始めれば当たるのか感覚を覚えるよう、練習することが大事です。
また、サバイバーもカニバル(レザーフェイス)がオブジェクトに引っかかるのを嫌うのを理解しているため、チェーンソーを使い始めると木の周りや小さめのオブジェクトの周りでもグルグル周回されてしまうことがあります。

地下を使って、救助狩りをする

カニバル(レザーフェイス)が相手だと、地下に吊るされたサバイバーの救助に行きづらいため、地下室を他のキラーよりも活用するという意識で戦ったほうが良いでしょう。ハグやカニバル、トラッパーなどは地下室に一人吊るすことで大きく戦況が変わる可能性のあるキラーです。もし地下に持っていけそうな範囲でサバイバーのダウンが取れたなら、積極的に地下室に吊るしに行くようにしましょう。そして地下室に吊るしたら、できるだけすぐに行ける範囲でチェイスするようにしたほうが、他のサバイバーにも「このキラーはすぐに戻ってくる」と学習させられるため、救助意識を下げることができます。もちろん、たくさん吊るためにたくさん救助させたほうがBPや評価は高くなるでしょうが、育成途中であったり、キラーに慣れていなかったりするうちはそういう戦法を使わなければ全滅が苦しいときがあります。今時分が有利な状況なのか、劣勢なのかを見極め、トンネルなどの行為も検討していきましょう。

カニバル(レザーフェイス)おすすめのパーク編成

カニバル(レザーフェイス)におすすめのパークを紹介します。レザーフェイス(カニバル)にあうパークは以下の分類に分けられます。
  • 行動遅延パーク
  • チェイス強化系パーク
  • 索敵系パーク
  • その他パーク
基本的には他の徒歩系キラーとそれほど大きな変わりはありませんが、地下をいかす構成や、フックに吊るしたサバイバーの近くで救助狩りをする構成などカギとなるパークがいくつかあるので、それもその他パークでご紹介いたします。

行動遅延系パーク

パーク名効果

 

呪術:破滅(通称:ルイン)

この呪いは生存者の発電機修理スキルに影響を与える。全ての生存者が破滅の呪いにかかり、次の効果を受ける。

・スキルチェック成功:グッド発生時、発電機の修理5%減少する。
・スキルチェック成功:グレート発生時、発電機の修理進行ボーナスが0%になる。

呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っている限り持続する。

イタチが飛び出した

エンティティとの深い繋がりが強大な力を解放する。生存者を吊るすと、次に破壊する発電機の修理進行度が即座に25%減少する。その後、発電機の進行度は通常通り減少していく。イタチが飛び出したは、生存者が吊るされた後40/50/60秒間有効。
カニバル(レザーフェイス)の場合、うまくいけば吊り回数も稼げるため、「イタチが飛び出した」はかなり有用なパークになるのではないでしょうか。「呪術:破滅」も「イタチが飛び出した」も、それぞれハグ、クラウンの育成が終わっていなければ使用できないパークですが、現環境ではかなり強力な発電機遅延パークです。

チェイス強化系パーク

パーク名効果
 
野蛮な力
あなたのすさまじい力は獲物たちを守る壁を粉々に砕く。倒されたパレットと発電機を破壊する速度が10/15/20%上昇する。
 
まやかし

障害物を乗り越える速度が5/10/15%上昇する。乗り越えを行うと、エンティティがその場所を8/12/16秒間封鎖する。同時に封鎖できる場所は1ヶ所のみ。封鎖は生存者のみ有効。パレットには効果が適用されない。

※封鎖される窓は新しく乗り越えたもののみ。別の窓を乗り越えた後はその窓が封鎖され、それより前に乗り越えた窓は封鎖が解除される。 

徒歩系のキラーはいかにチェイスにかかる時間を短縮できるかが鍵となります。パーク「野蛮な力」は、サバイバーが倒したパレットをすばやく破壊し、すぐにチェイスに戻れるので破壊中にサバイバーを見失う可能性が下がり、強ポジにサバイバーが逃げこむ前に一撃入れられる可能性を高めることができます。カニバル(レザーフェイス)であれば、チェーンソーがあるため、「まやかし」のほうが有用かもしれません。
「まやかし」はマップ上に生成された窓枠を封鎖することができるので、窓枠を使ったチェイスにかかる時間を短縮することができます。室外マップに生成される小屋は窓枠が1つなので、そこを封じておけばサバイバーの動きも限られてきますし、2つの窓を使ってチェイスされる通称ジャングルジムと言われるポジションでも、片方の窓を封鎖して早めに距離を縮めることができるので、徒歩系キラーにとってはかなりの強パークといえるでしょう。ただし、クラウンの固有パークなので、クラウンの育成を進める必要があります。その点、パーク「野蛮な力」の方が入手しやすく、活用しやすいというのはあるでしょう。

索敵系パーク

パーク名効果
 
バーベキュー&チリ

エンティティとの深い繋がりが潜在的なオーラ可視能力を強化する。生存者をフックに吊るした後4秒間、フックから40メートル以上離れた全ての生存者のオーラを視ることができる

・生存者が初めてフックに吊るされるたび、すべての獲得ブラッドポイントが25%増加する。最大で100%まで。この効果は重複する。
・追加取得したブラッドポイントはマッチ終了後に付与される

※獲得ブラッドポイントの最大値は、Lv1/2/3=50%/75%/100%となる

 
囁き(通称:ウィスパー)
あなたはエンティティの言葉が少し理解できる。生存者から48/40/32メートル以内にいると、時々エンティティの囁きが聞こえるようになる。
バーベキュー&チリは、アップデートでロッカーに目眩ましの効果が付与されて以降、実質弱体化されましたが、未だにつけているキラーが多いのではないでしょうか。索敵の効果の他にも、ブラッドポイントを多く取得でき、育成が捗るというのも1つのメリットです。運が良ければ、バベチリ対策を怠ってロッカーに入らなかったり、もしくは40メートル以内に入らなかったサバイバーの姿を視ることもできます。カニバル(レザーフェイス)は固有パークなので、ほかの索敵系パークをわざわざ取らずともこれだけで済みます。

その他パーク

パーク名効果
 
狡猾

隠密効果が使用できるようになる。4/3/2秒静止することで、脅威範囲が0メートルとなり、再度動くかアクションを行うまで隠密状態になる。

 
観察&虐待

接近に慎重さを、診察に恐怖を。

生存者を追いかけているとき、脅威範囲が8メートル増加する。生存者を追いかけていない場合、脅威範囲が8メートル減少し、視界が3/5/10度拡大される。視界増加は重複しない。 

怨霊の怒り

パレットを壊すごとにエンティティの怒りが増幅する。パレットを4/3/2つ破壊すると、次にパレットで怯んだときに、エンティティが即座にパレットを破壊する。怯み効果は通常通り受ける。

不屈

あなたは苦痛をすぐに跳ね除ける。パレットで怯む時間が40/45/50%減少する。

興奮

あなたは獲物をフックに吊るすことへの期待に胸踊らせる。生存者を運んでいる間の移動速度が6/12/18%上昇する。生存者を運んでいる間、脅威範囲が12メートル増加する。

縄張り意識

潜在的なオーラ可視能力を解放する。あなたが地下室の入り口から32メートル以上離れているとき、地下室に入った生存者のオーラが3秒間視えるようになる。縄張り意識は30/25/20秒間のクールタイムがある。
カニバル(レザーフェイス)の戦略は様々で、いろいろなパークを使うことができます。チェーンソーで複数人に攻撃を当てて瀕死状態に出来るという性能が強いため、いろいろなパークを使って楽しめるキラーです。
以下で詳しく紹介していきます。


おすすめパーク編成

バランス型パーク編成
行動遅延系パーク
索敵系パーク
チェイス強化系パークその他パーク 

 

呪術:破滅

 

バーベキュー&チリ

 
まやかし
 
観察&虐待

イタチが飛び出した

 

バーベキュー&チリ

 
まやかし
 
観察&虐待
カニバル(レザーフェイス)の標準的な編成です。吊り回数を増やすことが出来るのであれば、「イタチが飛び出した」も安定して遅延させられるパークの1つでしょう。索敵系パークは固有パークである「バーベキュー&チリ」で十分ですし、「観察&虐待」でできるだけ近寄り、「まやかし」でチェイスの窓枠を塞いで、チェイスを短く終える、という理想的な動きを後押しする編成にしました。
チェイス強化系のパークを「野蛮な力」に変えても良いですが、チェーンソーをパレット前で構えたらそのままチェーンソーでパレットを破壊するため、「野蛮な力」があまり活躍するシーンはないでしょう。

チェイス強化(対パレット)編成
行動遅延系パーク
索敵系パーク
その他パーク 
その他パーク 

 

呪術:破滅

 

バーベキュー&チリ

怨霊の怒り

不屈

イタチが飛び出した

 

バーベキュー&チリ

怨霊の怒り

不屈

こちらは、スピリットの固有パークである「怨霊の怒り」を使って、パレットを当てられても怯みにくいカニバル(レザーフェイス)にする編成です。「怨霊の怒り」はレベルによりますが最高2枚のパレットを破壊すれば使用でき、パレットを当てられても即時にパレットを破壊します。そのため、パレット前での駆け引きに怖がらずつっこみ、チェーンソーを当てることができます。しかし、パレットを当てられた際の怯み効果は通常通り受けるため、それを「不屈」で和らげます。この編成だと、通常よりもパレット周りのグルグルがなくなるため、吊り回数を増やすことができ「イタチが飛び出した」のほうが安定的に遅延できるかもしれません。好みで使い分けてみてください。


地下吊りをいかす編成
行動遅延系パーク
索敵系パーク
索敵系パーク
その他パーク 

 

呪術:破滅

 

バーベキュー&チリ

縄張り意識

興奮

開始直後に地下の位置を把握しておき、サバイバーを見つけたらできるかぎり地下の方へ誘導するようにチェイスします。そして最初の一人を「興奮」で強引にでも地下に吊るしたら、ある程度離れて「縄張り意識」が発動するのを待ち、あとは救助狩りをする、という編成です。これは、成功するとうまくハマりますが、この戦略を忘れて地下に救助が入ったのに目の前のサバイバーを追ってしまったり、「縄張り意識」が発動しない距離だったり、逆に遠すぎて救助されても間に合わなかったりすると意味がなくなってしまいます。そのため、「縄張り意識」を使う場合は、有効な範囲はどこなのかを見極めつつ、他のサバイバーを追いましょう。また、「バーベキュー&チリ」でサバイバーの位置を把握しておき、救助に来そうなタイミングをしっかり見極めておく必要もあります。
カニバル(レザーフェイス)が相手だと、サバイバーも地下の救助に行かなくなってしまいがちなので、気取られてしまうとあまり効果を発揮しません。その場合は、地下室周りの発電機をしっかり巡回して、どうしても地下に近づかなくてはならないという状況を作るようにしましょう。サバイバーの救助意識の高低に左右される側面がある編成だということを忘れないようにしてください。
また、この場合はあまり発電機の破壊に時間をかけていられませんので、「イタチが飛び出した」よりも「呪術:破滅」のほうが有効です。

「狡猾」で救助狩り編成
行動遅延系パーク
索敵系パーク
その他パーク 
その他パーク 

 

呪術:破滅

 

バーベキュー&チリ

狡猾

興奮

 

呪術:破滅

 

バーベキュー&チリ

狡猾

縄張り意識

マップにもよりますが、ギデオン食肉工場や、レリー記念研究所など、死角の多いマップだとかなり刺さることのある特殊な編成です。「狡猾」をつけて死角の多いフックに吊るし、救助に来たサバイバーを切るための構成です。地下を活用する場合は「縄張り意識」で、そうでない場合は「興奮」などで自分に有利な場所に吊りましょう。サバイバー側で情報共有されてしまうと終わりですが、刺さると気持ち良い編成です。

カニバル(レザーフェイス)おすすめのアドオン

基本的にはチャージ時間短縮系、およびチャージ使用中の加速度・移動速度上昇系が強いアドオンです。だだし、多くのキラーに言えることですが、最初のうちはチャージ時間や射程距離などを掴むため、あまり使わないほうが良いアドオンでもあります。窓枠の前で、ここからチェーンソーを構えて当たるかどうか、という感覚を掴むことを優先しましょう。

それを踏まえた上で、おすすめのアドオンをご紹介します。

「絶品のチリ」でチェーンソー使用中の加速度上昇

カニバル(レザーフェイス)のチェーンソー使用時に、加速度を上げるアドオンです。カニバル(レザーフェイス)のチェーンソーは、先述したとおり細かいオブジェクトがある位置に入られるとかなり当てづらいのです。そのため、加速度をあげてチェーンソーをできるだけ早めに当てられるようにすることで命中率を上げるというのがこのアドオンの強さです。
実際、サバイバー側も体感でチェーンソーのチャージにどのくらい時間がかかるかは分かっているため、そのタイミングにあわせてグルグルオブジェクトの周囲を周ります。ただし、このアドオンがついていれば、普通間に合わないところでも加速度が上がるため当てることができます。パレットを使ったり、窓枠に向かったりするサバイバーに対しても、早い段階からチェーンソーを使うことが出来るのは、パレットを消費させる意味でもかなり強力と言えるでしょう。できればチャージ時間短縮系のアドオンと一緒に使うとさらに命中率を上げることが出来るのではないでしょうか。

「闇獣の刻印」で移動速度を上げる

これは加速度ではなく、移動速度を上げます。これも、上と同じようにアドオンなしのカニバル(レザーフェイス)なら当たらない、と思っているサバイバーの意表を突くことが出来るアドオンです。ある程度カニバル(レザーフェイス)との戦いに慣れているサバイバーのほうがよく引っかかってくれるかもしれません。

「キャブレター調整ガイド」でチェーンソーの能力を底上げ

チャージ時間短縮・チェーンソーのクールダウン短縮・オブジェクトにぶつかったときの反動を軽減・チェーンソーの音を軽減、というチェーンソーの能力をやや全体的に上昇させるようなアドオンです。これに、ほかのチャージ時間短縮系や、移動速度上昇系のアドオンをつけると、かなりチェーンソーを当てやすくなるでしょう。チェーンソー使用時の能力値を底上げする、というイメージで付けるアドオンです。

「グリース」でチャージ時間を短縮し、チェーンソーを当てやすくする

これがチェーンソーのチャージ時間短縮のアドオンです。サバイバーが窓枠前にいきそうだと思ったら、すぐにチェーンソーを構えましょう。窓枠を超えている最中にチェーンソーを当てられる確率がかなり上がります。うまいサバイバーは、このアドオンがついているのをすぐに察知し、早めに窓枠やパレットを使ってきますが、そこは「観察&虐待」などで気取られずに近づくパーク編成にして補うと良いでしょう。

初心者がカニバル(レザーフェイス)を使う際に気をつけるべきポイント

最短距離でオブジェクトの周りを回る練習をする

初心者のうちは、カニバル(レザーフェイス)のチェーンソーの扱いが難しく感じる人も多いでしょう。オブジェクトに当たる範囲がわかりづらく、「今のも当たり判定に入るの!?」と思う人もいるでしょう。その感覚を掴むために、まずは最短距離でオブジェクトの周りを回れるように練習することをおすすめします。また、窓枠のどのくらい手前からチェーンソーを構えたら当たるのか、というのも確認しておいたほうが良いでしょう。プライベートマッチでできれば理想ですが、ナースヤヒルビリー同様とにかく実際のマッチで使ってみないことにはなかなか慣れません。負けることを覚悟して、試合に挑みましょう。
できれば、その際にチェイスの仕方や、フェイクについても練習しておくと良いでしょう。自分のための練習だと思えば、サバイバーの煽り行為などもあまり気になりません。

パレット前で待機するサバイバーには無理せず通常攻撃をする

もちろんチェーンソーで一撃ダウンを取ることが理想ですが、あまり攻撃をしないとサバイバー側も「チェーンソーでダウンを取りたいんだ」と思い、チェーンソーを構えるまでパレットを消費しないことがあります。そうするとチェイスが長引いてしまうので、パレットを節約しようとするサバイバーには、多少強引にでも通常攻撃で危機感をもたせましょう。通常攻撃もしっかり行うことで、サバイバーに早めにパレットを倒さないと攻撃するぞ、という圧を与えることができます。

まとめ

カニバル(レザーフェイス)はいろいろな戦略で使えるキラーです。素の能力が高く、うまく使用することができればかなり強力なキラーですが、一方で障害物に引っかかったり、パレット前の駆け引きが長引いたりすると形勢が傾きがちです。通常攻撃と、チェーンソーの攻撃を織り交ぜて、サバイバーに圧をかけるように動けるとよいでしょう。

カニバル(レザーフェイス)の紹介動画はこちら

関連記事

キラー(殺人鬼)一覧 

スキルチェックのコツ運の上げ方
キラーの心音範囲まとめ使用キラーの特定方法まとめ
状態異常まとめ各キャラの移動速度まとめ
肉フックの仕様と破壊方法BPの効率の良い入手方法
七丘 雪乃

ゲームライター

バイオハザードシリーズが大好物。そのほかDead by Daylight、Overwatch、Apex、などもプレイ。新しいゲームしたい。戦いたい。PS4勢。女性向け恋愛ゲームやファンタジー・歴史系・育成系のゲームシナリオも書く。

Twitter

(C)2015-2018 Behaviour Interactive Inc.

当サイトはDead by Daylightの攻略情報をまとめた非公式サイトです。当サイトで使用しているゲーム画像および映像の著作権、商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。

ゲシピ道場

募集カードを作って 「【DbD】カニバル(レザーフェイス)[キラー/殺人鬼]の性能と評価!おすすめパーク編成&立ち回り!【デッドバイデイライト】」 を一緒に練習する仲間をみつけよう!

Loading...
募集カード

コメント

コメントはありません。

人気記事ランキング

更新日:2019年12月10日

Youtube

eスポーツタイトルを中心に、学習動画が毎日配信されるサービス「ゲシピ」の公式チャンネルです。

Twitter(ツイッター)

Twitterなら、ゲシピくんからおすすめの学習記事が届きます。今すぐフォローしよう!

アプリダウンロード

『ゲシピ-eスポーツ学習-』は、eスポーツプレイヤーを目指す人のための学習アプリ。話題のeスポーツゲームのプロの動画やノウハウ記事が満載!このアプリで将来のeスポーツ選手を目指そう!