【TEPPEN】ACTIVE RESPONSE(アクティブ・レスポンス)とは【テッペン】

こうと

更新日:2019年8月20日 14:47

こちらでは、スマートフォンアプリ「TEPPEN(テッペン)」でのバトル時に使用するACTIVE RESPONSE(アクティブ・レスポンス)について解説しています。 ゲームを始めたばかりでACTIVE RESPONSE(アクティブ・レスポンス)の仕組みがよくわからないという方はぜひ参考にしてみてください!

アクティブ・レスポンスとは

ゲーム中にアクションカードを使用すると発動するモードです。ゲームの時間進行が一時的に止まり、自分、もしくは相手が使用したアクションカードに対してアクションすることができます。

アクションしない場合は、左下に表示される「解決」を押してアクティブ・レスポンスを終了します。

アクティブ・レスポンス中はアクションカードの使用しかできず、ユニットの使用はできません。

現時点での自分のMPに+2したMPまで使用することができ、相手のアクションに対して1アクションできます。

自分のアクションターンが終わると、相手はまた新たにアクションをするか、「解決」するかを選ぶことができます。

これをお互いで繰り返し、どちらかが「解決」もしくは待機時間が経過するとそのアクティブ・レスポンスは終了します。


アクティブ・レスポンス中に発動されたアクションカードは最後に出したカードから効果処理され、その時点で対象が消失していると「LOST」として発動せずに経過します。(その効果でコストを払う場合はコストのみが払われる)

アクティブ・レスポンスのコツ

相手や自分のアクティブ・レスポンス中、破壊や強化などの効果を使用して自分の有利を競うことになりますが、例えば相手が自身のユニットを指定して強化しようとした時、そのユニットを指定して破壊するカードを発動すれば効果処理が先行するので、先に破壊することができます。これをすれば相手のMPとカードを無駄にでき、自身の有利を取ることができます。

また、効果処理は後ろから先行するので、「攻撃力〜のユニット1体を破壊する」などの効果は、強化される前の相手ユニットになら使用できるので、効果処理のタイミングは重要になります。

自分のアクティブ・レスポンスでも相手はそのような動きをすることがあるので、自分の場に余裕があればMPを多めにためて、カウンターになるアクションカードを所持した状態でアクションカードを使用すれば、自分の効果処理を確実に進めることができるでしょう。

関連記事

お役立ち情報の一覧はこちら!

ゲームルールに関するお役立ち情報

    こうと

    ゲームライター

    GEシリーズ、モンハンなど、狩ゲーから、アンテやApex、グラブルなど幅広いジャンルのゲームに挑戦する。マップを全部埋めたり、壊せる樽は全て壊すタイプのやり込み系ライター。

    BLOG Twitter

    ©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. ©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS R

    当サイトはTEPPENの攻略情報をまとめた非公式サイトです。当サイトで使用しているゲーム画像および映像の著作権、商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。

    ゲシピ道場

    募集カードを作って 「【TEPPEN】ACTIVE RESPONSE(アクティブ・レスポンス)とは【テッペン】」 を一緒に練習する仲間をみつけよう!

    Loading...
    募集カード

    コメント

    コメントはありません。

    Youtube

    eスポーツタイトルを中心に、学習動画が毎日配信されるサービス「ゲシピ」の公式チャンネルです。

    Twitter(ツイッター)

    Twitterなら、ゲシピくんからおすすめの学習記事が届きます。今すぐフォローしよう!

    アプリダウンロード

    『ゲシピ-eスポーツ学習-』は、eスポーツプレイヤーを目指す人のための学習アプリ。話題のeスポーツゲームのプロの動画やノウハウ記事が満載!このアプリで将来のeスポーツ選手を目指そう!